生理と便秘の関係を解説

生理前は便秘になりやすくなる



生理前(黄体期)
個人差はありますが、生理の前に便秘になりやすくなると言うのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響によるものです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、子宮内膜を分化させて受精卵の着床に適した環境を作ってくれますが、臓器(子宮など)の収縮を弱める作用を持っており、その結果、腸の蠕動運動も同時に弱まって便秘になりやすくなるのです。
便秘と生理
また、黄体期は、体に水分をためようとして大腸から水分を吸収するので、便も硬くなりがちです。生理が始まると便秘が治るという女性も少なくありません。

生理前の便秘対策としては、普段より食物繊維の摂取量を増やし、水分も多めに摂るといいでしょう。



ナビゲーション