ビフィズス菌と便秘の関係を解説

ビフィズス菌の効能と増やし方



ビフィズス菌と悪玉菌ビフィズス菌の効能
・腸の蠕動運動を活発にする。(便通が良くなる)

・腸内を酸性にして悪玉菌の増殖を抑える。

・体の免疫力を高め病原菌の感染から体を守る。

・腸内環境を改善し下痢の予防に役立つ。


乳酸菌とビフィズス菌の違い

主な違い
・ビフィズス菌が生息する場所は、人や動物の腸。

・乳酸菌が生息する場所は、乳製品、発酵食品、人や動物の腸など。

・ビフィズス菌は酸素があると死んでしまう。

・乳酸菌は酸素があっても生きていける。

・ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作る。

・乳酸菌は乳酸を作る。

乳酸菌にはさまざまな種類がありますが、その仲間にビフィズス菌が含まれていると言うイメージで問題ありません。

ビフィズス菌を定着させるのは難しい
ビフィズス菌が素晴らしいのは分かりましたが、ビフィズス菌は「嫌気性菌」で、酸素や酸やに弱いという弱点を持っています。ビフィズス菌を摂取しても、胃酸で殆んど死滅してしまい、大腸までたどりつくものはごく僅かです。また、たどりついたとしても、なかなか定着してくれない気難しい菌なのです。

加齢で失われるビフィズス菌
成人の腸にいる善玉菌の99.9%以上は「ビフィズス菌」が占めていると言われていますが、赤ちゃんでは99%あったビフィズス菌が、成人では10%、60歳では1%にまで減ってしまいます。

ビフィズス菌を増やし定着させるには
オリゴ糖が強い味方となります。オリゴ糖は、胃や小腸では消化されず、大腸まで届いてビフィズス菌のえさとなり、善玉菌を増やす効果があることが研究で確認されています。また、最近はビフィズス菌の研究が進み、菌を大腸まで生きたままとどける食品も多数販売されています。



ナビゲーション