便秘時の排便姿勢を解説

便秘時の正しい排便の姿勢



排便するとき、背筋をピンと伸ばしていきむほうが、便が出そうな気がしますが、洋式トイレで背筋を伸ばして座ると、肛門が閉じてしまうので逆効果です。和式トイレを使っている方は、特に意識する必要はありませんが、洋式トイレで排便する時は、下図のように前傾姿勢をとることで直腸肛門角が自然に開き、スムーズに排便することができます。
悪い排便姿勢と正しい排便姿勢
後は、かかとを少し上げて腹筋に力が入りやすいようにしたり、脇腹を両手で押さえて腹圧を加えると効果的です。この排便姿勢はすべての便秘に有効ですが、便が直腸まで降りてきているのに便意が起こらない直腸性便秘に効果があります。




ナビゲーション