牛乳と炭酸飲料を飲むことで便秘が改善する?

牛乳と炭酸飲料で便秘改善



牛乳
よく牛乳を飲むと下痢になると言う人がいますが、これは乳糖不耐症と言って小腸にラクターゼが存在しないか、存在しても十分でないために、乳糖を分解できないからです。自分は牛乳が飲めないから、乳糖不耐症と言う病気なのかと心配する人がいるかも知れませんが、乳糖不耐症は病気ではないので安心してください。
牛乳
人は赤ちゃんのときには、誰でも小腸に乳糖分解酵素(ラクタ-ゼ)を持っていますが、成長するに従いこの酵素が次第に少なくなってくるのです。でもこれは自然なことなのです。みなさんは成長した牛が雌牛のオッパイからミルクを飲んでいるのを見たことがありますが? ありませんよね。大人になってもミルクを飲む哺乳類は人間だけなのです。そのようなことから、乳糖を分解できなくなる方が本来自然な姿なのです。

乳糖不耐症は人種や民族によってかなり異なります。牧畜などを中心に生活してきた民族などは乳糖を分解できる人の比率が高い傾向にあります。ちなみに日本人は乳糖を分解できない人の方が多いようです。話がだいぶ横道にそれましたが、日本人の大人が牛乳を飲むと、乳糖が完全には分解しきれないまま大腸に達し、これが腸を刺激することで蠕動運動が活発になり排便を促すと言う理屈です。

炭酸飲料
炭酸飲料も飲料も個人差はありますが、軽い便秘には有効です。冷たい炭酸飲料を沢山飲むことで、冷たい刺激+水分補給+炭酸ガスによる腸の刺激で蠕動運動を活発して排便を促します。ただ、炭酸飲料は毎日飲んでいると慣れてしまうので次第に効果が薄れてきます。また、便秘が酷くガスでお腹が張っているときは、炭酸飲料を飲むと余計苦しくなってしまうので注意が必要です。
ソーダ



ナビゲーション