オリゴ糖を摂ることで便秘を改善する

オリゴ糖で便秘改善



オリゴ糖で善玉菌を増やそう
オリゴ糖(oligosaccharide)とは、果糖やブドウ糖などの単糖が2~10個連なったものの総称です。代表的なもとして、大豆オリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖などがあります。
オリゴ糖


オリゴ糖が便秘に良い理由
オリゴ糖は、胃や小腸では消化されず、大腸まで届いてビフィズス菌のえさとなり、善玉菌を増やす効果があることが研究で確認されています。腸内細菌のバランスを良くすることから、便秘の改善や生活習慣病の予防にも有効です。オリゴ糖は砂糖に比べ甘みは落ちますが、カロリーは砂糖の半分ほどなので、ダイエット中の方にもお勧めです。


オリゴ糖の摂取目安
1日5g~10g程度を目安に摂りましょう。オリゴ糖を含む食品としては、大豆、バナナ、ゴボウ、アスパラガス、トウモロコシ、玉ねぎなどがあります。ただ、100gのバナナ1本にオリゴ糖は300mgしか含まれていないので、甘味料として摂る方が値段も安いですし効率的です。




ナビゲーション