便秘とお肌の関係を解説

便秘とお肌の関係



便秘をすると、ほんらい捨てられるはずの老廃物が捨てられず体に溜まります。この老廃物から発生したさまざまな有害物質は血液から身体に再吸収されます。その結果、細胞がダメージを受けてしまうのです。お肌も当然、身体の一部ですから、にきび、吹き出物、肌荒れなどを引き起こします。

便秘が改善すれば、にきび、吹き出物、肌荒れは改善しますし、便秘が悪化すれば、にきび、吹き出物、肌荒れも悪化します。

森永乳業と和歌山県立医科大学の合同調査によると、便秘をしている女性の9割が肌トラブル(乾燥、にきび、吹き出物、くすみ、はり、しみ、化粧のりなど)を抱えているそうです。
便秘と肌
高いエステに通い、高級化粧品を使っていても、便秘をしているとすべて台無しになってしまいます。外見を綺麗にすることも大切ですが、まずは大腸を綺麗にして、美肌を取り戻しましょう。



ナビゲーション