便の色から健康状態や疑われる病気を推測

便の色と疑われる病気



茶色茶色のうんこ
茶色のうんこは健康です。一口に茶色と言っても、そのまま茶色であったり、こげ茶色であったり、黄褐色であったりします。これは大腸の通過時間と関係しています。

大腸の通過時間が長かったり(便秘の時)、肉食中心の食生活をしていると、色の濃い、こげ茶色のうんこになります。逆に大腸の通過時間が短い時は(下痢気味の時)、野菜中心の食生活をしていると黄褐色のうんこになります。




赤色赤いうんこ
赤いうんこは要注意です。ただの切れ痔だったと言うパターンも多いですが、うんこが赤い時は、まずは消化管の出血が疑われます。また、大腸ポリープ、大腸ガン、虚血性大腸炎、クローン病、感染性腸炎、赤痢、コレラなどの可能性もあるので、いちど病院で検査を受けたほうがいいでしょう。ちなみに、梅干し、スイカ、トマト、赤ピーマンをたくさん食べても、うんこが赤くなることはありません。



黒色黒いうんこ
黒いうんこも危険です。ここでいう黒とは、こげ茶色ではなく、本当に真っ黒なうんこのことです。うんこが黒くなるのは、血が混じっているからです。(鉄剤を飲んでいる人のうんこは黒くなるがこれは心配ない)血が混じると赤いうんこになるのではと思われるでしょうが、出血する部位によって赤くなったり、黒くなったりします。

真っ黒いうんこが出たら、十二指腸を含めそれより上部の、胃、食道などの病気が疑われます。上部消化管で出血すると便に出るまでに時間がかかるので、血液の酸化が進み便が黒くなるのです。大量に出血しているとタール状の黒い便になります。考えられる病気としては、十二指腸潰瘍、胃炎、胃のポリープ、胃潰瘍、胃がん、食道ポリープ、食道がんなどです。黒いうんこが出たら、早めに病院で検査を受けたほうがいいでしょう。知り合いに黒いうんこが出ていた人がいて、病院で検査したところ胃潰瘍がたくさん見つかりました。



緑色緑のうんこ
腸内細菌のバランスが崩れると、胆汁が酸化されずそのまま出てしまうので緑色のうんこになります。免疫や消化器官が未発達な子供に多いですが、大人にも起こります。あと、抗菌剤などの抗生物質を服用している時も、みどりになることがあります。



灰色灰色のうんこ
うんこの色というのは、胆汁色素の色なので、灰色のうんこが出る時は、胆汁の流路が胆石などで塞がり胆汁が流れなくなっていることが考えられます。疑われる病気としては、胆石、胆管がん、胆のうがん、肝臓がん、すい臓がんなどがあります。灰色のうんこが出たら、早めに病院で検査を受けたほうがいいでしょう。



白色白いうんこ
バリウムを飲むとうんこが白くなりますが、これは心配ありません。ただ、乳幼児が白いうんこ(下痢)をしたら、ロタウイルス感染症の可能性があります。




ナビゲーション